奈良の泥芋   

c0200765_19303662.jpg


奈良の上田さんから掘りたての里芋を頂きました。

奈良では里芋のことを泥芋と呼ぶそうです。

早速、蒸かして頂きました。掘りたての里芋は新鮮でほくほくでした012.gif012.gif


美味しい食べ方

蒸し器に、洗った里芋を入れ、竹串を刺してすっと入るまで蒸します。

蒸しあがりたてのあたたかい里芋を、皮を剥いて、塩をかけて頂きます。




里芋の主成分はでんぷんとたんぱく質で、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムを

含んでいます。食物繊維の一種であるガラクタンは、脳細胞を活性化させ、老化やボケを防止し、

血圧・コレステロールを下げる効果があります。

里芋のヌルヌルの素でもあるムチンには、肝臓を丈夫にしたり、胃腸の表面を保護し、胃潰瘍や

腸炎を予防する効果があります。こういったヌルヌル成分や食物繊維を多く含む里芋は、腸を整え

便秘の改善にとても効果があります。
[PR]

by soleil-88 | 2009-10-09 19:35 | 料理・お菓子

<< インフルエンザ対策 やっぱり生姜! >>